読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の恋、最後の恋の始め方

いくつになっても恋したい。本気の恋、最後のオンナになるために。

「親の価値観」を切り離す

f:id:rin444:20170128212833j:plain

私の父親はサラリーマンだ。

だから、サラリーマン特有の人生を歩んできた。

金利が安く、ローンが借りられる年代に持家を購入し、

ボーナスが出ると、ステレオだの電化製品だの ちょっとした贅沢品を買う。

そして退職金で繰上返済し、

厚生年金と退職金とで老後を過ごす。

基本、若い頃から老後まで、入ってくる金額内で、収支を合わせる価値観だ。

今のパートナーは自営業だ。

ボーナスはないし、厚生年金もない。

だから、当然お金の使い方や価値観は親とは全く違う。

徹底した「キャッシュ主義」で、クレジットカードはETCと、海外で使うくらいだ。

仕事用の物件や車なども、ローンは使わない。

「生き金」と思うことにはドンとお金を使うが、

「お金が入ってきたから使うか」

という、ボーナス的な使い方は一切しない。

月に何百万単位のお金を動かす一方、

数百円の振込手数料などにも細かに気を使う。

まあ、サラリーマンと振込回数が全然違うから当たり前なんだけど。。。

そして、「入ってきた金額内でやりくりする」という発想では生きていない。

「どうすればお金を『生み出せる』か?」

を四六時中考えている。

私はある意味ラッキーかもしれない。

親とお金の価値観が全然違っても、

「サラリーマンと自営は違うから」

と、ポンと切り離せるからだ。

犬と猫とは違うからね、、、という感じだ。

もし彼が父親と同じサラリーマンだったら。

そして、親の価値観やお金の使い方と全然違ったら。

なんとなく

「違和感」や「罪悪感」

を感じるのかもしれない。

だって、生きてきた中で一番身近に見てきた「価値観」は親の価値観なんだから。

たとえば、いい年して「持家」でなければ、なんとなく甲斐性ナシみたいな気分を持つかもしれない。

ローンが借りられる時期に家を買うのが一番「安全」なのにと不安を感じるかもしれない。

ボーナスで何も買わないと、「ケチくさいな」と感じるかもしれない。

同じサラリーマンでも、親の世代と私たちの世代は全然時代が違う。

土地が年々右肩上がりに値上がりする時代は過ぎたし

年功序列も崩壊している。

「親の価値観」とは、早々に縁を切った方が賢明だ。

そして、何よりも

父親より夫の方が何倍も信頼出来る」

  「父親の言うことより夫の言うことの方が絶対正しい」

そういう姿勢を示すのは、パートナーに対して最低限の礼儀だと感じる。

貴女だって、

「君よりウチの母親の方が正しい」

と思われたら不快でしょう???

ま、ちなみに前の結婚時に私はそこまで賢くなかった。

だから解ることなのだけどね。

ブログに書けないプライベートや、 読書さま限定の内容満載

メルマガのご登録はコチラ!    凛のベストパートナーレター

 

あなたの1クリックが嬉しいです。

応援ありがとうございます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村
恋愛観・結婚観 ブログランキングへ ameblo.jp