読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の恋、最後の恋の始め方

いくつになっても恋したい。本気の恋、最後のオンナになるために。

パートナーリストは何個作りましたか?

f:id:rin444:20170105192035j:plain

「パートナーリストを何個作りましたか?」

と聞かれた。

30個はゆうに超えている。

確か、33〜35個だ。ノートを見直せばわかるけれど。

ただ、30個以上のリストに共通カテゴリーがあることに気づいた。

① チャレンジ精神

② 許容精神

③ 愛情

この3つだった。

例えば、

「海外経験がある人」

「自営業の人」

「0から何かを作り出す力がある人」

「仕事を楽しんでいる人」

「好奇心旺盛な人」

「勉強が好きな人」   などは①のカテゴリーだ。

「どんな文化に対しても理解がある人」

「どんな国に対しても敬意が払える人」

「どんな価値観に対しても理解を示す人」

「人の悪口を言わない人」

などは②のカテゴリーだ。

「家族や仕事仲間や友達を大切にする人」

「他人に対して優しさを出し惜しみしない人」

「動物が好きな人」

などは③のカテゴリーだ。

外見のリストも作ったけれど、ある程度の年齢を超えれば、

その人の生き様が「顔」になる。

チビでもハゲでも、生き様がカッコイイ男性は、 年代を重ねれば重ねるほど、カッコよくなるものだ。

だから

「私がカッコイイと思える人」

と書いた。

私は高身長なので、できれば背が高い人が良いけれど…

と( )付きで

(180センチ以上の身長なら嬉しい)

とは書いたけれど。

とにかく、

「パートナーに求めるリスト」

をどんどん思いつく限り出してみたら、

結局のところ

「一緒に旅を楽しめる人」

をイメージしていることに気づいた。

私の最強パートナーだったシェパードも、 どこに行ってもすんなり馴染み、 全国の旅を楽しんでいた。

海外に一緒に行ったときに、

どの国であってもその国に馴染める人。

その国やその国の人をリスペクトできる人。

そういう人でないと旅は楽しめない。

いちいち日本食を持ち込む人や、

「だから○○はダメなんだよな」

を連発する人とは旅は楽しめない。

そして、どんな国に行っても馴染んでリスペクトできる人は、

自分の国と自分自身に対して、しっかりと自信と誇りを持つ人である。

自国に誇りを持ち他国もリスペクトできる人は、勉強熱心な人だろうし、

自分に自信がある人は、いろんなチャレンジを、成し遂げてきた人だろう。

「一緒に世界中どこでも旅を楽しめる人」

こういう

「イメージ」  

が、ピシッと決まればあとは結構簡単だ。

そういう人なら

「人生という旅」

もまた、最高に楽しんでいけるだろう。

ちなみに

「私に○○をしてくれる人」

というリストは1個もない。

「何かがあったときに、私を最優先してくれる人」

とだけ書いた。

①、②、③をクリアしている人が、

「自分が選んだ女性」

をないがしろにするはずがない。

災害や事故があったときに、真っ先に私の安否確認をして、

それから家族や友人、仕事中間の安否確認に行く人。

これだけで十分だ。

彼は私のパートナーリストをすべてクリアしている。

彼の30年以上の友達に先日初孫が生まれた。

オーストラリア人の男の子だ。

赤ちゃんのミドルネームには、彼の名前がつけられた。

このエピソードだけで、彼が①〜③を満たす人だとわかって頂けると思う。

ブログに書けないプライベートや、 読書さま限定の内容満載

メルマガのご登録はコチラ!    凛のベストパートナーレター

 

あなたの1クリックが嬉しいです。

応援ありがとうございます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村
恋愛観・結婚観 ブログランキングへ ameblo.jp