読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の恋、最後の恋の始め方

いくつになっても恋したい。本気の恋、最後のオンナになるために。

アラフォーに、もう「線路」はない

f:id:rin444:20161225183630j:plain

私は20代で結婚して、30代で離婚した。

子供はいない。

今、40代半ばになったが、つくづく「違い」を感じる。

20代(もしくは、30代前半くらい)で結婚すると、

まあ、だいたい「線路」の上を走ることになる。

結婚して、数年後に第一子を得て、まあ、もうひとり?

みたいな感じ。

あとは、子供の成長で年々変化が生まれてくる

幼稚園に入った。

小学生になった。

中学生になった。

反抗期だ!

などなど…

アラフォーで結婚しても、この「線路」に無理やり乗ろうとする人も少なくない。

それがその人「価値観」なら良いと思う。

が、「結婚したのだから、次は子ども!が当たり前だから」

なら、考え直した方がいい。

私は長い間、中学生から20才くらいまでの子供や親御さんと関わってきたが

子育てって、本当に気力体力が要る。

40歳で生んだら、高校受験は55歳だ。

28歳で生んだ人の場合、もう子供は27歳で、結婚して孫がいてもおかしくない。

「子どもを産んで、子育てして、孫の顔を見る」

という幸せを手にしたいなら、さっさと30代前半までに結婚しておくべきだった。

あるいは、結婚せずにシングルマザーになっておけば良かったのだ。

アラフォーからの妊娠や出産を否定する訳ではない。

ご縁があって妊娠したならおめでたいことだ

ただ、

「人並みに、人並みの順序で、すべてを手に入れるのが幸せ」

ではないということだ。

アラフォー以降のパートナーシップに決められた「線路」はない。

子持ちの方と再婚して、いきなり「親」になる場合もあるし、

「ふたりの人生」を楽しむのもアリだ。

とりあえず、「20代なら自動的に乗れた線路」

の遅れを取り戻すかのよつなムリな生き方は、

周囲からみていてもキツイ。

「自分は何がほしいのだろう?」

ゆっくり自問自答しながら、自分の「幸せ道」を歩むしかない。

ブログに書けないプライベートや、 読書さま限定の内容満載

メルマガのご登録はコチラ!    凛のベストパートナーレター

あなたの1クリックが嬉しいです。

応援ありがとうございます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村


恋愛観・結婚観ランキングへ

ameblo.jp