読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の恋、最後の恋の始め方

いくつになっても恋したい。本気の恋、最後のオンナになるために。

マニュアルは敬意の放棄である

恋愛マニュアル本は、ちまたにたくさんある。

貴女が単にクリスマスを独りで過ごしたくない とか、そんな理由で男性を探すだけなら、

マニュアル本は結構有効だろう。

男性ウケするファッションに変えて、

とにかく笑顔で、

「すごいですね!」「わあ、嬉しい!」「こんなの初めて!」

あたりを連発し、

メールやラインはうるさくない程度。

ただし、お礼や「楽しかったです!」「ありがとうございました!」は忘れずに。

この辺をクリアしておけば、クリスマスのディナー相手くらいは今からでも確保できる。

ただし、貴女が彼の

「たった独りの女性」「最後の女性」

になりたいなら、安易なマニュアルに飛びつかないことだ。

トリセツなんて、もってのほかだ。

私はパートナーを「敬愛」している。

敬い、愛する相手にトリセツなんて言葉は使いたくない。

マニュアルは、「男性全般」を対象にしたものだ。

彼を「全般」という「ひとくくり」に入れたくはない。

本やネットで男性心理を調べる暇があるなら、

貴女だけの愛する相手をゆっくりじっくり観察することだ。

真剣かつ、愛に溢れた眼差しにこそ、

相手もマニュアルやトリセツに頼らない「愛」で応えようと思うものだ。

クリック宜しくお願いいたします↓ (現在、2位まできました。応援ありがとうございます。)

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代の恋愛へ
にほんブログ村


恋愛観・結婚観ランキングへ