読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の恋、最後の恋の始め方

いくつになっても恋したい。本気の恋、最後のオンナになるために。

オトコとオンナが終わるとき

f:id:rin444:20170302231831j:plain

日本の文化の長所でもあり、短所でもあること。

それは

「パートナーシップが、いつの間にか『お父さん、お母さん』になる点」

である。

確かに親子「川の字」で寝る光景は日本独自の「家族愛」の象徴かもしれない。

でも素朴に疑問に思うのだ。。。

「セックス…いつどこでするの?」

私には「母」の経験はない。

だが、パートナーは前の結婚で「父」を経験している。

若手くんの、

「結婚前と妻は別人っすよ」

との愚痴に対して

「オンナは『母』になると別人になるもんや。

オトコも、そうなった時に別のスイッチが入ると思うねんけどな」

と呟いていた。

オンナもオトコも、子どもができると「母」「父」になってしまうのだろうか?

さらなる疑問点は、子どもがいなくても、

パートナーを

「パパ・ママ」とか「お父さん・お母さん」と呼び合う夫婦だ。

特にペットを飼う夫婦は、ペットを「子ども」にして、

自分たちを「パパ・ママ」に仕立てる。

どうしてそんなに「家族への移行」を図りたいのか、私には不明だ。

たぶん、相手を「オトコとオンナ」と見られなくなっても

(ぶっちゃければ、「レス」だ)

「でも私たちは、『家族』だよね」

という「安心感」と「落ち着き所」が欲しいのだろう。

私は子どもも好きだし、特別なポリシーがあって「母にはならない」と決めたわけでない。

ただ、パートナーと「パパ・ママ」の関係にはなりたくない

ずっとそう思ってきた。

ウチには愛犬がいるが、

「パパ、ママ」

なんて呼称は一切使わない。

また、

「ねえ、今日は排卵日よ。」

みたいなセックスは絶対にしたくない。

不妊治療を否定するつもりは一切ない。

私が支払う健康保険を使ってもらっても構わない。

(まあ、正直なところは、妊娠が明らかにムリな年齢での不妊治療に国の保険が使われるのは問題だと感じるけど…)

どうしても子どもが欲しい人は頑張ればいい。

少子化だしね。

ただ、私個人的には

パートナーに病院で無理やり射精させるなんて行為は絶対にさせたくない。

私のオトコの美学に反する。

私はパートナーに対していつまでも「オトコ」としてリスペクトしたいし、

発情していたい。

排卵日を計算して、無理やり家族計画の為だけにセックスするくらいなら、

愛人でいる方を選ぶ。

私のオンナの美学だ。

婚活、恋愛、パートナーシップに迷いがある そんな方は下を今すぐクリックください!       ↓↓↓ 

頑張りナシ、婚活ナシの「オリジナル幸せ」成功法   注意!!

お問い合わせフォームで頂きました連絡先に メールが送れないことがあります。

24時間以内返信メールが来ない場合は

miru1222rin121@gmail.com rin121-tk1011@goo.jp

にメールをいただけると助かります。

なお、携帯アドレスからのお問い合わせは

「パソコンメールの受信拒否設定」

になっていないか、ご確認お願いいたします。

お手数おかけしますが、何卒どうぞ宜しくお願いいたします。