読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の恋、最後の恋の始め方

いくつになっても恋したい。本気の恋、最後のオンナになるために。

貴方の長所を見抜く人

f:id:rin444:20170116214227j:plain

彼とまだメール交換をしていた頃だ。

「君が一番好きな歴史小説を教えてほしい」

と聞かれたので答えた。

スラスラ読める本ではなかったと思う。

でも、彼はGWを丸々返上して、あっという間に読み終えた。

この時、私は絶対に彼に会ってみようと決めた。

私が今までの人生で、一番「有言実行」の人だと直感的に感じたからだ。

私が薦めた本は、高杉晋作の本だった。

「君が幕末で一番尊敬するのは、高杉晋作なのか?」

と、彼と2会ったときに聞かれたから、そうだと即答した。

「うーむ…」

と、彼はしばらく渋い表情をしていた。

そして、こう言った。

坂本龍馬なら、今の時代も成功するやろうな。

でも、高杉晋作は今の時代なら単なる変人や」

私は心底驚いた。

10代の頃から敬愛し、座右の銘のように慕ってきた思ってきた人物なのに?

天地がひっくり返る思いだった。

私の驚愕を無視して彼は続けた。

「しかしな。彼の凄い点がひとつある。

君が尊敬するのは何となくわかる。

君もそうやからな。」

「それは何やろう?」

私が聞くと、彼は答えた。

「執着心がおそろしくないとこや」

私はまたまたびっくりした。

今まで生きてきて、いろんな人から褒められたり、長所としてあげられたりしたところはある。

しかし「執着心がないところ」と言われたのは初めてだった。

確かに思い返せば、私は何かに執着することをしないよう自分に課してきた。

執着すると行動や直感が鈍るからだ。

それに、執着心は潔さにも、美学にも反すると思ってきた。

が、そこをズバリ取り出して、私に提示したのは彼が初めてだった。

「飽きっぽい」と、短所にあげた人はあったけれど。

「おもしろきこともなき世を面白く」

高杉晋作の辞世の句だ。

「『おもしろきこともなき世を面白く』 生きてみましょうか?」

と、帰宅後彼からメールがきた。

それ以来、私たちはずっと一緒に

「おもしろき事もなき世を面白く」楽しんでいる。

私の長短裏表の「独特さ」を誰よりも理解し、 面白がってくれる

私にとって、史上一番敬愛する人物は、今では彼だ。

貴女の長所をズバリ取り出してくれる人が現れたら、絶対逃してはならない。

なぜなら、貴女の一番の理解者だから。

ただし、「執着」にはならないようにね。

ブログに書けないプライベートや、 読書さま限定の内容満載

メルマガのご登録はコチラ!    凛のベストパートナーレター

 

あなたの1クリックが嬉しいです。

応援ありがとうございます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村
恋愛観・結婚観 ブログランキングへ ameblo.jp