読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の恋、最後の恋の始め方

いくつになっても恋したい。本気の恋、最後のオンナになるために。

あなた次第で、男性は変わる

f:id:rin444:20170108184401j:plain

「今日は雨だから伊勢神宮に行こう」   と、今朝突然彼が言い出した。

松の内だが、雨だし人出も少ないだろうとの予測だ。

ちなみに、2日に初詣にはふたりで行った。

しかも三社回った。

彼は付き合い初めの頃に、

「神社があるから寄っていこうよ」

と私が言うと、気乗りしない表情で

「神社とか寺とかな。

弱者のよわみにつけこむみたいで俺は好きやないねんなあ…」

と言っていた。

確かに、病気治癒や厄除けとか、「神頼み」をしたからといって 効果がどこまであるかわからない。

彼の考え方も確かに否定はできないなあ、と思った。

ただ、人智を超えたものはなんらかあるのだろうし、

私や彼や、周囲の人々が無事に過ごせている感謝をちょっと表現できたら 嬉しいなあ、と私は思う。

だから、独り行動のときに地元の神社にお参りしたり、

旅先では旅の安全を車内から手をあわせて感謝したりしていた。

ふたりで過ごす初めてのお正月に

「初詣なんて子どもの時以来やけど、まあ、ディズニーランド感覚で行ってみるか」

と、初詣に連れていってくれた。

次の年には、

「今日は何日か知ってるか?初恵比寿やぞ。連れてってやる」

と、すごい人中にも関わらず、初恵比寿に連れていってくれた。

そして今年は

伊勢参り多賀大社と両方や」

と、両方に連れていってくれた。

「お伊勢参らばお多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる」

という言い伝えがあるからだ。

彼を見ていると、本当に人って変わると感じる。

彼が神道に目覚めたわけでも、急に「神頼み」をするようになったわけでもない。

ただ、   「お正月にまた初詣!来られて嬉しい!」

と私が喜ぶから。

嬉々として、お守りを買って、おみくじを引いて、喜ぶから。

「今年も一年無事に過ごせるねー」

と、無邪気に喜ぶから。

ただそれだけだ。

女性が喜べば、男性は本当にまた喜ぶようにと動いてくれる。

本当に有り難いと思う。

私はどの神社の神様にもたくさんたくさん感謝したけれど、

どの神社の神様よりも彼に感謝する。

あなたが、相手を無理矢理変えようとすれば、ふたりの関係は破綻する。

女性だって、男性だって、

「自分を否定されること」

は嫌だ。

誰かにコントロールされるのだって嫌だ。

相手がオトナならなおさらだ。

あなたは、素直に素直に、自分が嬉しいことやり続けて、

嬉しいことを喜び、感謝しておけば大丈夫。

大好きな相手の笑顔は誰だって、何より嬉しいのだから。

ブログに書けないプライベートや、 読書さま限定の内容満載

無料メルマガのご登録はコチラ!    凛のベストパートナーレター

 

あなたの1クリックが嬉しいです。

応援ありがとうございます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村
恋愛観・結婚観 ブログランキングへ ameblo.jp