読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の恋、最後の恋の始め方

いくつになっても恋したい。本気の恋、最後のオンナになるために。

「核」がみつかれば必ず手に入る

 

f:id:rin444:20161228201555j:plain

相談者さんには、必ず「パートナーリスト」を作ってもらう。

 

たいていの場合、最初は

「年収が〇〇万以上の人」

「私を大切にしてくれる人」

 

など、似たり寄ったりだ。

無記名で提出されたら、ほぼ100パーセント誰が書いたか分からない。

 

なぜなら、「あなたの声」ではなく、「世間の声」をリストにしただけだから。

 

「それはなぜほしいの?」

「あなたが本当に欲しいものはそれなの?」

「パートナーからしかそれは得られないの?」

 

次々に質問をして、「あなたの声」を掘り起こすのが私の役目だ。

 

何か月もかかる人だっている。

「世間の声」「周囲の評価」がビッシリとこびりついている証拠だ。

 

一生懸命向き合った結果その人その人が出してくる「リスト」は

とてもユニークだ。

 

ある人のリストは

「マニアックなこだわりを持っている人」

彼女は某車のマニアだ。

 

またある人は、

「一緒にスポーツ観戦できる人。旅をしながら球場巡りができたら最高」

彼女は某球団の大ファンだ。

 

ある人は、

「家族のために一生懸命働く人」

彼女は自称ファザコンで、お父さんをとても尊敬している。

 

リストを見たときに、その人の「顔」がうかぶ。

 

ああ、彼女のリストだな!とすぐにわかる。

 

あなたが最も大切にしていて、最も輝く瞬間。

 

それが「リスト」に反映されれば、勝負はついたも同然だ。

 

「私はこういう女性なんです」

 

と、しっかり胸を張って宣言しているのと同じだからだ。

 

自分の人生の一部、喜びの一部をきちんと「核」にして取り出す。

 

そうすれば、必ず

 

「それいいね!」「それって俺だよ」

 

という男性が現れるものだ。

 

おそらく、このブログを読んでいる男性陣の中にもいるのではないだろうか。

 

ちなみに私にもいろいろなリストがあったが、一言でまとめるなら

 

「シェパードのような男性」

 

だった。

 

頭が切れて、仕事が大好きで、決めた相手に対してはものすごい愛情を注ぐが、

いい加減なことに対しては手加減なし。

そして、本当はナイーブ。

 

そんな男性だ。

 

なぜなら、私は13年以上シェパードをパートナーにしていたから。

 

私の「核」だからだ。

 

有難いことに、今、「シェパードのような男性」がパートナーだ。

 

プードルやラブラドールに比べたら、ちょっぴり大変な相手ではあるけれど!

 

 

ブログに書けないプライベートや、
読書さま限定の内容満載

メルマガのご登録はコチラ!
  
凛のベストパートナーレター

 

あなたの1クリックが嬉しいです。

応援ありがとうございます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ   ameblo.jp