読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の恋、最後の恋の始め方

いくつになっても恋したい。本気の恋、最後のオンナになるために。

仕事にビジョンは必要か?

f:id:rin444:20161206090920j:plain

先日、

「彼には仕事に対するビジョンがないんです」

と言うことばを聞いた。

この記事を書くに当たって、「ビジョン」の意味を調べたら

1.理想像。未来像。展望。見通し。

2.まぼろし。幻影

だそうだ。

彼女が言うのは、「理想」とか、「こうなりたいという未来像」だろう。

実を言うと、彼女のことばを聞いて、私ははたと迷ったのだ。

「仕事にビジョンは必要だろうか?」

仕事をする、一番の基本は「生活する為」だと思う。

ニートがどんな仕事をしても続かないのは、 仕事を辞めても、生活に支障がないからだ。

仕事なんて、実際に現場に立って、やってみないとわからない。

いくら外から

「こういう仕事って、良さそうだなあ」

と思っても、実際やらないとわからない。

下手に輝かしい理想や未来像があると、

「こんなはずじゃなかった」

と、ギャップに落ち込む羽目になる。

実際の現場に立って、お客様の顔を見て、「現場の空気」を吸い、お金をもらい、

少しずつ「結果を出す」中で、

尊敬する先輩もうまれ、「ヤッタ!」という瞬間もうまれ、

「お客様の喜ぶ顔を見たい」

「家族の為にもっと稼ぎたい」

「もっと◯◯な仕事をしたい」

などの「ビジョン」が生まれてくるのではないだろうか?

もちろん、ある程度の「見通し」は必要だろうが、

これも、実際に現場に身を置かないと、わからないことはたくさんある。

川辺から川の流れを見るのと、

実際に川の中に入ってカヌーを操るのは違う。

「彼には仕事のビジョンがない」

と、言う前に、彼がきちんと

「現場に身を置き続けられる人」

かを見る方が大事な気がする。

順風のときも、逆風のときも、泥臭くても現場に身を置き続けられる人。

そういう人にはビジョンがあとからついてくるはずだ。

ビジョンがいくら崇高でも、「泥臭くても結果を出すこと」ができない人はダメだと私は思う。

今回、トランプ氏の勝因のひとつは、

オバマ氏のビジョンは崇高だったが、 「泥臭くても結果を出すこと」ができなかったからだ。

泥臭くても、現場に身を置き続け、結果を出すオトコの方を私は信頼する。

女性との関係でも同じだと思うから。

クリック宜しくお願いいたします↓ 応援ありがとうございます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村


恋愛観・結婚観ランキングへ