読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の恋、最後の恋の始め方

いくつになっても恋したい。本気の恋、最後のオンナになるために。

オンナ磨きは必要か?

f:id:rin444:20161129184850j:plain

モテる為にオンナ磨きは必要だろうか?

答えは、「内容によりけり」だ。

正直なところ、アラサーやアラフォーで料理を習いに行っても仕方がない気がする。

20代前半なら、肉じゃがやオムライスが作れたら十分に可愛い。

が、アラサー、アラフォーで肉じゃがやオムライスが作れないのは、ちょっとヘンだ。

それに、アラサーやアラフォーなら、今の時代、クックパッドさえあれば、まあ夕飯くらいは作れるはずだ。

さらに、家庭で小洒落た料理を求める男性は結構少ない。

今のパートナーにキーマカレーを作ったら、

「外食ならこういうカレーも構わないが、 家ではハウスジャワカレーを箱通りに作ってくれ」

と言われた。

  彼が例外的でもなさそうだ。

前に付き合った男性に「何を食べたいか」聞いたら、

「明太子を焼いてほしい」

と言われた。

男が家で食べたい料理なんて、その程度なのだ。

残念ながら、料理教室に行くまでもない。

ただ、貴女が本当にお料理が大好きで大好きでたまらないなら、

どんどんお料理教室に通うといい。

今日のお料理教室がどんなに楽しく、

先生のお料理がいかに美しく、

先輩の包丁さばきがいかに素敵であるか

彼にどんどん語ればいい。

男性は、お料理ができる女性に惹かれるのではない。

楽しくご機嫌な女性に惹かれるのだ。

あとは、貴女が狙う男性の属性をよく観察すべきだ。

ハッキリ言って、

「妻の手料理が何よりもの楽しみです」

という男性に「私は」興味がない。

仕事ができて、インテリジェントな男性が好みだ。

そういう男性に愛されないなら、貴女も「インテリジェント」な部分を磨くべきだ。

ちなみに彼は飲みに行っても、今と前の首相をフルネームで言えない女の子は、可愛くても外す。

箱通りのハウスジャワカレーで十分に愛されるが、

毎日3時間の晩酌の会話のタネは絶対に必要なオトコなのだ。

「オンナ磨き」は、

  ① 貴女が好きでたまらないこと   ② 狙う男性の属性に合わせること

①と②が合致するなら、絶対にその男性を離してはならない。

好きなことをただただしているだけで、どんどん愛されてしまうのだから。

クリック宜しくお願いいたします↓ (現在、2位まできました。応援ありがとうございます。)

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村


恋愛観・結婚観ランキングへ