読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の恋、最後の恋の始め方

いくつになっても恋したい。本気の恋、最後のオンナになるために。

「感情」は出していい

今となっては昔の話だ。

「大好き度歴代1位」の彼氏ができた。

お互い、多忙期だったが、寸暇を惜しんで時間を作り会っていた。

 

が、私の誕生日を一緒に過ごした翌日から、連絡が途絶えた。

1週間ぐらいして「君とは別れることにきめた」とメールが来た。

 

えー、マジで?話し合いも何もなしってありえんやろー!

私は彼に激怒のメールを送った。返事はない。

 

今まで大好きだった人と急に未来が途絶えたのだ。

 

私は淋しい、淋しい、ツライ、ツライと泣きのメールを送った。返事はない。

 

彼はものすごく仕事で大変な時期を迎えていたので、

何度も感情的なメールを送って悪かったな・・・と思ったので、

謝罪のメールを送った。やはり返事はない。

 

私が彼の仕事場に行かなかったのは、単に方向音痴で

一人で行きつく自信がなかっただけだ。

 

それくらい、彼にめちゃくちゃ感情的なメールを送ったり、電話をかけたりした。

(電話には、もちろんでなかったけど)

 

ところがである。

 

しばらくすると、なんとなく彼からメールがくるようになった。

 

私の気持ちはもう出し切ってしまって、特になにも感じなかったので、

普通に「お友達」としてメールのやり取りをぽつぽつしだすようになった。

 

「お友達メール」がしばらく続いたある日のこと、私は「覗き被害」に遭ってしまった。

 

たまたま彼とメールをしている最中だったので、そのことを伝えたら、

 

「今すぐ向かうから家から出るな」

 

とメールが来た。

 

まずい。

 

このまま彼がきたら、復縁することになるだろう。

 

・・・

 

「あ、大丈夫、お父さんに連絡したから!」

 

彼とは、復縁せずに終わった。よかった。

 

彼のことは好きだけど、復縁してもうまく行くとは思えなかったからだ。

 

ただ、この件で私は思った。

 

こちらが相当ひどく感情をぶちまけても、リカバリーできるもんなんだなあ・・・・。

 

その教訓は今のパートナーに生かしている。

 

感情をぶちまけてしまっても、きちんと謝って、

 

「本当に伝えたかったのは・・・淋しかったの。つらかったの。哀しかったの」

 

と本音を伝えたら、たいていの関係はリカバリー可能だ。

 

あと・・・。

 

「大好き度歴代1位」

 

は、何歳からでも更新できる。失恋して今、つらい人は信じてくれて大丈夫だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

クリック宜しくお願いいたします↓

(「恋愛観・結婚観」に統一しました。 応援ありがとうございます。)

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ

にほんブログ村


恋愛観・結婚観ランキングへ