読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の恋、最後の恋の始め方

いくつになっても恋したい。本気の恋、最後のオンナになるために。

悪口を言っているとき

私が誰かの悪口を言うと

「そういう話は、残念な気分になるからやめな」

と、彼は必ず言う。

  まあ、悪口と言っても、ほんのちょっとした「愚痴」程度だけど。

元彼や、婚活で出会った人

あるいは、仕事で関わる人の中にはヒドイ人もいるかもしれない。

でも、それをいちいち周囲に伝える必要はないと私は思う。

なぜなら、悪口というのは聞く側にとって

「気持ちの良い」ものではないからだ。

女性は、「共感するのが仕事」みたいな側面もあるから、

「ひどいね、それは!」

などと盛り上がるかもしれない。

でも、悪口を言うとき、必ず口角が下がり

眉間にはシワがより、

決して美しい表情にはならない。

ましてや、

「共感になんの意味があるのだ?」

くらい現実的な男性には、

悪口は単に「残念な気分」にさせてしまうだけなのだ。

ちなみに、

「共感になんの意味があるのだ?」

くらいの男性のほうが絶対に仕事は優秀だ。

また、悪口は癖になる。

毎日暮らす男性相手に、猫をかぶり続けるのはなかなか厳しい。

ならば、いっそ、「悪口は言わない」を習慣にした方が、

貴女はきっとスッピンでも(そこそこ)美しく、愛されるはずだ。

クリック宜しくお願いいたします↓

(下の「恋愛観・結婚観」1位になりました。 応援ありがとうございます。)

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村


恋愛観・結婚観ランキングへ