読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の恋、最後の恋の始め方

いくつになっても恋したい。本気の恋、最後のオンナになるために。

結婚したい40代女は「良妻賢母」の後釜を狙え | 恋愛・結婚 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

結婚したい40代女は「良妻賢母」の後釜を狙え | 恋愛・結婚 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

この記事はなかなか面白かった。

婚活中の女性は一読してみてもいいかもしれない。

別に、女性を「フレンチ女」「中華女」「お茶漬け女」と、名付けて分類する必要はないと思うが、

「仕事上の評価」と「結婚相手としての評価」

が異なることは確かだ。

ただし、「一般的には」だけれど。

本当に自分に自信がある男性は、デキる女性に引いたりはしない。

ただ、「私、デキる女性ですから」と、

「女性としても魅力的だ」と、勘違いしている女性に手厳しいだけだ。

また、相手に求める条件ばかり厳しい女性は、

実は、20代、30代の感覚のままストップしているケースが多い。

残念ながら、時間は流れ、貴女は年齢を重ねている。

20代、30代としての現実的な「出産の可能性」はじめ、

女性としての価値は落ちているのだ。残念ながら。

筆者が、20代で結婚する場合は「和食女」と位置づけるのに対して、 後妻に入るのは「お茶漬け女」と位置づける。

それくらいの差があるのが現実だ。

私も「お茶漬け女」の分類になるが、実際とっても楽ちんだ。

もう子育ても働き盛りも終えた男性は、

「残りの人生をどう楽しむか?」

を第一優先しているからだ。

ただし、「お茶漬け」は、カキ込みめしではない。

ゆっくりお酒を楽しんたあとの〆だ。

人生ゆっくり楽しんたあとの〆にふさわしい女でいたいものだ。

クリック宜しくお願いいたします↓

(下の「恋愛観・結婚観」1位になりました。 応援ありがとうございます。

どちらも「恋愛観、結婚観」に統一しました)

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村


恋愛観・結婚観ランキングへ