読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の恋、最後の恋の始め方

いくつになっても恋したい。本気の恋、最後のオンナになるために。

憎まれっ子でもいい

昨日は祖母の命日だった。

お墓参りに行き損ねたので、今日行こうと思った。

が、実家に顔を出していたら暗くなってきてしまった。

「暗くなってからのお墓参りはあぶないんじゃない?今度にしたら?」

「でも、おばあちゃん、怒りそうじゃない?」

「うーん。

おじいちゃんなら、

『危ないから、墓参りなんかいつでもええ!』

って言うだろうけどねえ。

おばあちゃんは…」

と、父も母も苦笑した。

「おじいちゃんの時には、しょっちゅうお墓参りに来たくせに!」

と、拗ねてしまうだろうな、が、3人の答えだった。

良い人ぶらなくても構わない。

憎まれっ子でもよい。

感情を素直に出す人は、相手の「記憶」にしっかり残るものだ。

9人から嫌われても、たった1人から溺愛されれば幸せだ。

「まぁまぁ、ええやないか」

と、なだめてくれるおじいちゃんが側にいるから大丈夫。

お墓参りはまた今度だ。

クリック宜しくお願いいたします↓

(両方2位にまできました。 応援、どうもありがとうございます。)

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代の恋愛へ
にほんブログ村


恋愛観・結婚観ランキングへ