読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の恋、最後の恋の始め方

いくつになっても恋したい。本気の恋、最後のオンナになるために。

真面目なオンナは損しかしない

「私は頭も良くて、しかも真面目だ」

そう自負している人は、まあまず幸せになれない。

その証拠に

「頭もよく、真面目にがんばっているのに、なぜ幸せになれないのでしょう?」

と、続くからだ。

本当にアタマが良い人間は、いかにラクをして 実利を上げるかばかり考えるから、

基本ナマケモノだ。

「自称アタマの良いオンナ」は、アタマの使い方が

「実利を上げるため」

ではなく、

「原因究明」

に使う。

貴女が研究者ならいい。

でも、

「ナゼ、ぎっくり腰になったのか?  コレは本当にぎっくり腰なのか?」

の検証や理屈なんて、ぶっちゃけ、ぎっくり腰で痛い盛りの人はどうでもいい。

欲しくのは

「この痛みから開放される方法は?」だけだ。

自称アタマの良い人は、

しばしば、ねっちりねっちり、

「ナゼ別れなくてはならなかったのか?」

などの検証を始めるが、私は思う。

こんなオンナと一緒にいて楽しいはずないもんなぁ…

「貴方がこうなったのは、☓☓が原因よ」

そんな検証、プライベートまでされたくないよなぁ…

パートナーシップの「実利」は「ふたりが幸せ」になることだ。

ふたりのどちらが正論か?

なんて、やりたくないもんなぁ。

そんなに原因や正論が好きなら検察官にでもおなりなさい。

「私と付き合うと、オトコがどんどんダメになる」

そういうオンナは大抵

「検察官になれば良かったね」だ。。

クリックお願いいたします↓

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代の恋愛へ
にほんブログ村


恋愛観・結婚観ランキングへ