読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の恋、最後の恋の始め方

いくつになっても恋したい。本気の恋、最後のオンナになるために。

ひとり多重婚時代

f:id:rin444:20170127203636j:plain

婚活をしていたとき、悪いが「未婚男性」は極力避けていた。

理由はいろいろある。

私はバツイチだから、再婚するにしても結婚式はしないつもりだ。

友達くらいならまだしも、親戚レベルになれば、結婚式出席の負担は大きい。

バツイチ、あるいはバツ2で平然と何度も結婚式をする人の感覚(厚顔さ)に、 私はちょっとついていけない。

「親戚や職場の人々にきちんとしたお披露目を」

という、初婚男性はスルーした。(苦笑)

また、一度も結婚生活を体験していない人は、

「結婚ドリーム」

が、やたらと大きい。

「奥さんがトントン朝ごはんを作ってくれる音を聞きながら、朝起きるのがささやかな夢です」

と、語った男性と婚活で出会った。

私は朝が苦手だし、そもそも朝ご飯を食べない 。

結婚の2文字を手に入れる為に、体内リズムを調整し、 自分は食べない朝ごはんを作る気は毛頭ない。

私はパートナーが欲しいだけで、「お母さん代わり」をするつもりもないし、 仕事だって辞める気はないのだから。  

その点、結婚歴がある男性は現実的だ。

結婚生活、もしくは誰かと一緒に暮らすことには、ある程度の忍耐と知恵が要ることを理解している。

(ただし、「離婚理由は嫁側」というバツイチ男性は排除したけれど)

私が会ったバツイチ男性で、

「奥さんが可愛いエプロンをして、お帰りのキスをしてくれる」

みたいな結婚生活を夢見ている男性は一人もいなかった。

今のパートナーも、私に家事力を期待していない。

「料理は君が好きな範囲でだけやればいい。

外出するなり、お惣菜買うなりすればいい。

無理してまでやるな」

と言ってくれる。

朝ごはんは、自分で作って食べてくれる。

(しかも、ちゃんと私が起きてきたら、ご褒美にコーヒーもいれてくれる)

洗濯や掃除も、やれる方、得意な方がやればいい、という主義だ。

さらには、私の仕事を

「デーサービス」   と呼んでいる。

経済力の負担は一切期待もしていないけど、気分転換(…と、ボケ防止?)に行ってきな

というスタンスだ。

本当に有難いことづくめだ。

20代、30代ならまだしも、アラフォー以降なら未婚男性よりバツイチ男性の方がはるかにオススメだと思っている。

結果的に、結婚歴のある男性はさらに女性理解や女性付き合いのコツを掴みモテる。

一方夢だけみている未婚男性はいつまでも未婚のまま。

これは女性でも同じだ。

私の周囲では、バツイチはモテている。

シングルマザーはさらにモテる。

一生のうち複数の恋愛や結婚を経験する

「時間差多重結婚」

もしくは、   「時間差一夫多妻(一妻多夫)」

の人がいる一方、

一度も恋愛や結婚の機会に恵まれない人がいる。

たぶん、これから格差は広がるばかりだろう。

私からのアドバイスは、

「失敗を恐れず、恋愛や結婚をしたもの勝ち」

もう、これに尽きる。

ブログに書けないプライベートや、 読書さま限定の内容満載

メルマガのご登録はコチラ!    凛のベストパートナーレター

 

あなたの1クリックが嬉しいです。

応援ありがとうございます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村
恋愛観・結婚観 ブログランキングへ ameblo.jp

50点以下は思い切って切り捨てろ

f:id:rin444:20170125230237j:plain

お正月、することもなく退屈していたら、 彼が麻雀を教えてくれた。

まずは1人対戦でコツをつかみ、彼と私(+コンピューター?) でオンライン対決をし出した。

当然ながら私は、負け通しになる。

しばらくして、彼と買い物に行ったら、

「母親は編み物が好きだから」

と、彼が毛糸をまとめ買いした。

便乗して、私も毛糸一玉を購入して

人生初のかぎ編みに挑戦した!!

最初のうちは

「麻雀おもろいか?」

「作品もできひんのに編み物おもろいか?」

と彼は聞いていた。

「うん、面白い」

と答えていた。(本当に新鮮で覚えることも多くて楽しい)

が、3日目くらいになると、

「麻雀も編み物も、普通は学生くらいで覚えるもんや!

平均、まあ60点にいかないものは、潔く切り捨てろ!」

と、怒られた。

もしかすると、

「おい、ねるぞ!」

と彼が言っているのに、

「もう少しだけ〜」

と、麻雀を夜中まで続けたり、

一緒にTVを観ていると思い込んで話したら、 編み物に夢中でTVを観ていなかったり、、、

と、彼は「疎外感」を感じたのかもしれない。

が、

ビジネス的にも

「60点に到達しないなら、潔く切れ!」

は、的を得ている。

例えば、飲食店をしているとして、

味も内装も接客も待ち時間も値段(コスパ)も、

すべてが50点以下なら、普通はリピートしない。

すへてか60点以上なら、リピートの確率は高くなる。

仮に待ち時間が長くても

「味はピカイチ!並んでも食うべし!」

みたいな口コミを見ると、待ち時間が30点でも行く。

が、待つのが好きな人

あるいは、

待ち時間は30点だけど味は120点!

なら別だが、待ち時間30点のお店は基本、リピートからは外れる。

人間関係、しいては仕事、恋愛も同じだ。

あなたに「これはアタリだ!120点だ!」

と思われる魅力や強みがあるなら別だ。

だが、120点がひとつあっても、残りの項目が20点だの、30点だのなら、

リピートはしてもらえない。

だから、すでに「60点以上が取れる項目」をいかに組み合わせるがボイントになる訳だ。

ちなみに

「でもさー、

麻雀や編み物くらい出来ないと老後困らなあかなあ〜」  

とつぶやいたら

平家物語を暗唱しろ!」

の一言で片付けられた。

古文を教えていた時期も長いから、飛び飛びだけど

ふつうの人に比べたら、60点以上はあるだろう。

人生は短い。

10代、20代なら別だが、ある程度の経験値がある年代ならば、

よほどのことかない限り、

0から何かを始めることはオススメしない。

それよりも、

あなたが生きてきた人生だかこそ

の、突発ポイントを探して、そこを強化し、点数を上げる方がいい。

婚活も同じだ。

料理が全く出来ない人が0から料理教室に通って「40点」を目ざすより

「私、料理下手なんだー!

でも、グルメアンテナはスゴイから、必ずスーパーやデパ地下でハズレナシのお特品をゲットするよ!」

で構わないのだ。

「手作り料理が得意です」

みたいな嘘のプロフィールをかいたら

寄ってくるのは

「僕も料理大好き!」

な「お料理男子」か、

「俺は食べるの専門。舌と目は肥えてるよ!」

な「グルメ男子」。。。

どちらにせよ、貴女のハッタリはすぐ露見間違いない。

60点以下のものは、思い切って切り捨てる。

そして60点以上のモノに絞りこんで、勝負をかける。

人生短いのだ。

すべての点数を平均以上にしようなんて、ムダ多し選択はしないほうがいい。

ブログに書けないプライベートや、 読書さま限定の内容満載

メルマガのご登録はコチラ!    凛のベストパートナーレター

 

あなたの1クリックが嬉しいです。

応援ありがとうございます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村
恋愛観・結婚観 ブログランキングへ ameblo.jp

「自分の女」に対する男心は複雑だ

f:id:rin444:20170123184846j:plain

弟の嫁は、化粧をしない。

仕事柄なのかな?と思っていた。

「○○ちゃん、お化粧するとキレイなのよ。 七五三の写真撮影の時、ビックリしたわ〜」

と母が言っていた。

「え〜、ありがとうございます。 でも、夫が化粧するの嫌がるんですよね」

え、弟からのNGだったの?

と、さらにまた驚いた。

そういえば、一緒に暮らし始めてすぐの頃に彼から

「服を買ってやる。 なんというか…

パートの人が着るみたいな服」

と言われてビックリしたことがあった。

住まいと仕事場が同じだったから、

あまり目立たない服を着て欲しかったみたいだ。

かと言って、彼が地味好みではない。

先日、雪用の靴を買ってもらった時に、

「ああいうのはイランのか?」

と、ヒールの高いロングブーツを指差した。

雪の時に履くには危ないと思うんだけど…

先日、金沢に行ったときには、

前を歩く若い女性を見ながら

「たまにはスカートの女性と歩きたいなあ」

と呟いていた。

彼との旅行は鬼のように歩き回るので、

「スカートにハイヒール」

みたいな格好では厳しいのだけど。

男性の心理って、ホント単純なようで複雑だったりする。

「家」で、「母」や「奥さん」としては

「ノーメイク」 「パートさんみたいな服」

を希望する。

そのくせ、オバサンになっては欲しくないし、

スカートにハイヒールみたいな格好でデートもしたいみたいだ。

家の中でも「オンナを捨てない」みたいな特集記事やマニュアルもあるけれど、

実際はもう少し複雑だし、人によっても異なる。

婚活で会ったある男性は

「派手なネイル嫌なんだ」

と言っていた。

彼は私が派手なネイルでもOKだ。

婚活で会ったある男性は、

「仕事をする女性は好きだけど、結婚相手には仕事をしてほしくない」

と言っていた。

彼は私が仕事をしていてもOKだ。

家では「パートさんみたいな服」を勧めるが、 仕事のときには派手な服を着ても何も言わない。

どうやら、男性は

「『自分の女』として、目立たないで欲しい」

心理と、

「『自分の女』として目立って欲しい」

心理とが、複雑に入り組んでいるみたいだ。

その入り組み方は、本当に人それぞれだから、

もうマニュアルだの、本だのをアテにせずに

直接彼からの反応や感想を聞くほかなさそうだ。

ブログに書けないプライベートや、 読書さま限定の内容満載

メルマガのご登録はコチラ!    凛のベストパートナーレター

 

あなたの1クリックが嬉しいです。

応援ありがとうございます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村
恋愛観・結婚観 ブログランキングへ ameblo.jp

小さな傲りの結末

f:id:rin444:20170122193943j:plain

「彼氏さえできたら…」 「結婚さえできたら…」

そう思う女性も少なくない。

だが、ふたりになれば、ひとりの時と同じ感覚では絶対に上手くいかない。

ひとりの時は、

「貴女が正しいと思うこと」 「貴女が良いと思うこと」

で、決定を下して行けば良い。

(「自分自身の考え」すら持てない人は、読者として対象にしていない。一応ね。)

が、誰かと一緒に暮らし始めれば、

「貴女の正しいと思うこと」

「貴女が良いと思うこと」

が、必ずしも相手の考えと一致するとは限らない。

親のセリフ、

「あなたの為を思って言っているのよ」

に反発した時期は誰にでもあったと思う。

親が押し付ける価値観や考えに反発をして、親元から自立しても

結局のところ

「私が正しい」

は、ブーメランのように返ってきて、その生き方は「行き詰まり」を迎える。

親なら遠慮なく「思うところ」を伝えてくるが、

男女間はそうもいかない。

特に男性は不満があってもかなり長く我慢していることが多い。

女性の方が口が達者なことが多いし、

また、男性の方が不満を口にするのは良くないと思う人が多いから。

「私は正しい」

そして

「私は彼のことを理解している」

という小さな傲りは、小さいながらも確実に積もっていく。

私の場合、離婚が決まってから

「土日は家にいて欲しかった」

と、前夫から言われた。

彼は嬉々として(…と、私には見えた)

土曜日出勤する私を送迎してくれていたし、 仕事や趣味への理解もしてくれていた(…と、私は思っていた)。

今は、私も彼もふたりともバツイチだ。

私は10年、彼はもっと長くの付き合いの末に離婚している。

小さな傲りの積み重ねが、気づいたときには修復不能な隔たりになる怖さを知っている。

20代の「未熟」な時期から

「一緒に成長してきた仲」

だと思っていたにも関わらず…だ。

アラフォー以降の場合、お互い「成熟」した年代だ。

お互い自分の「価値観」も「人生観」も「これ以上はちょっと…の線」もハッキリ決まっている。

だから、

「私が正しいわけではない」

「私に彼のことはわからない」

を「大前提」にして、こまめにコミュニケーションをはかる。

そして自分が考えていることを伝える努力もしている。

また、私は「ふたりの時間」を最優先している。

自分がやりたいこと、自分の仕事は

「ふたりの時間」   の隙間に入れている。

自分のやりたいことも、仕事も、独りの時に充分やったからノーストレスだ。

「親からの自立」   「自分の確立」

そのあとに、やっと

「ふたりの共存」

が成立するのだと思っている。

「自分の確立」がしっかりしていなくては

「相手の確立しているもの」を尊重はできない。

婚活やパートナーシップがうまくいかない場合は

「自分の確立」   がまだなのかもしれない。

妊娠にはリミットがあるが、結婚やパートナーシップにリミットはない。

独りで充分にやりたいことをやり尽くしてからでも全然遅くはない

私はそう思っている。

ブログに書けないプライベートや、 読書さま限定の内容満載

メルマガのご登録はコチラ!    凛のベストパートナーレター

 

あなたの1クリックが嬉しいです。

応援ありがとうございます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村
恋愛観・結婚観 ブログランキングへ ameblo.jp

四次元のオンナになる

f:id:rin444:20170120185904j:plain

前夫は、大学時代からの付き合いだった。

そもそもが、友達の友達だったから、共通の知人や友人も多かった。

その中には、彼の中高時代からの友人も多かったから(彼は中高一貫校出身だった)

大学時代はもちろんのこと、中高時代のエピソードも筒抜けだった。

私たちは、特に努力しなくても「現在」だけでなく、お互いの「過去」も共有していた。

今のパートナーは違う。

出会うまでに40年以上の「未知の過去」がある。

彼の学生時代はおろか、20代、30代、40代だって知らない。

私達が死ぬまで添い遂げたとしても

「お互い知らない年月」

の方が多くなるに違いない。

この事実はもはや変えようがない。

だから、私たちはお互いの「思い出話」をたくさん語り合う。

彼が若い頃過ごした場所を旅することもしばしばだ。

事実かどうかはどうでもいいと思っている。

私自身だって、幼稚園だの小学生だのの時期の話は もはや事実なのか、私や親の脚色が入っているのかわからないもの!

「遠い昔のお話」で良いのだ。

「郷愁」をお互いに共有できればそれでいい

そう思う。

メールやラインだけで繋がる関係は「2次元」の関係だ。

お互い同じ空間で過ごし、五感を通して同じ体験を共有するのは「3次元」の関係だ。

「今」だけでなく、「未来の夢」を語り合ったり、「過去の郷愁」を眺め合ったり

時間軸を多彩に共有する関係は「4次元」の関係だ。

過去の「事実」をやたらと追及したがる人もいるが、

あれは相手との関係を深めたいからではない。

自分に「とんでもない被害」がでないかどうか、「取り調べ」をしたいだけだ。

自分の保身ばかりで「共有」とは程遠い。

あなたが「2次元の関係」から先に進めないなら

あなたには「3次元を共有する魅力」がまだ少ないからだ。

自分自身でまずは「3次元の体験と感動」を増やした方がいい。

「3次元の関係」が生まれたなら、ふたりの「過去」も「未来」もどんどん共有していくといい。

「3次元の関係」では、互いが相手を見つめ合う。

しかし「4次元の関係」では、

あるときは「未来」を、あるときは「過去」を

互いが「同じ方向」を「並んで」眺める。

縁側で

あるいは公園のベンチで

ふたり並んで過ごす素敵なお年寄りご夫婦は

きっとたくさんの「タイムトラベル」をふたりで楽しんでいるに違いない。

自在に時間軸を共有できる「4次元パートナー」を手放したいと思う人は、

男性であれ女性であれ、まずいない。   お互いが語り合い、関係が深まるほどに「タイムトラベル」は多彩で多様になるのだから。

ブログに書けないプライベートや、 読書さま限定の内容満載

メルマガのご登録はコチラ!    凛のベストパートナーレター

 

あなたの1クリックが嬉しいです。

応援ありがとうございます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村
恋愛観・結婚観 ブログランキングへ ameblo.jp

世間より、あなた自身の優先順位

f:id:rin444:20170118215713j:plain

今日、職場に卒業生が遊びにきてくれた。

2歳の可愛い女の子を連れて!

「いつ結婚したんよ〜!?」

と聞いたら、周囲の卒業生仲間が爆笑した。

「地雷踏みまくりやで! 彼女、シングルやねんから〜」

そうか、独りで産んだんか〜

偉いなー、ホンマ凄いわ!

を、私は連呼した。

本当に偉いしスゴイと思うから。

彼女たちは、まだ20代前半だ。

結婚は、いつでもできる。90歳だって、相手が見つかれれば出来る。

だが、子供を産める年齢にはタイムリミットがある。

どうしても結婚したい訳でもないんだけど、 子供は欲しい

なら、さっさと産んだら良いと思う。

すべてを世間の順序通りに運ぶ必要なんてない。

世間の順序より、

「あなた自身の優先順位」

「あなた自身が欲しい順序」

を大切にしたらいい。

「彼女シングルですよ〜!」

と、周囲も本人も爆笑できるまでにたくさん泣いたのだろうか?

それとも、アッサリキッパリだったのだろうか?

どちらでもいい。

今の彼女は、可愛い2世と一緒に本当に幸せそうだったから。

世間の順序を優先してしまうと、どこかで上手く行かなくなったときに

「あの時、こうしていたら…」

と後悔しがちだ。

自分の優先順位で決めたことなら

「少なくとも、あの時の私にはベストな選択だった」

とおもえる。

「幸せ」なのは、だんぜん後者だ。

結婚抜きでママになるのって、カッコイイし、 周囲はかならす助けてくれる。

まあ、兎にも角にも、

「あなたの優先順位」   を明確にするのが先決だ。

20代のひよっこに、どんどん

 「幸せ女性度数」  「自分軸度数」  「私オンリーの幸せ」  

などなど、アッサリ抜かれてしまいますわよん♪

ブログに書けないプライベートや、 読書さま限定の内容満載

メルマガのご登録はコチラ!    凛のベストパートナーレター

 

あなたの1クリックが嬉しいです。

応援ありがとうございます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村
恋愛観・結婚観 ブログランキングへ ameblo.jp

コインの表にフォーカスする

f:id:rin444:20170117225410j:plain

今のパートナーは、本当に「有言実行」だ。

だが、彼がパーフェクトかというと、ちょっと「…」と感じることもある。

新しい職場に引っ越すときのことだ。

新しい職場には水道が引かれていなかった。

が、使われていない古井戸があった。

「せっかく井戸があるねんから、掘り直してみる」

と、彼は真冬にも関わらず、古井戸を掘り出した。

毎日、片道1時間の距離を車で通勤(?)し てだ。

ただの引っ越しではない。

倉庫丸ごと分の商品の引っ越しもある。

前の倉庫を引き渡す期限もある。

なのに古井戸を掘るの?!

と内心思った。

水道引いた方が早くない?

とも思った。

でも、言い出したら聞かない人なのだ。

それに、彼自身楽しんでいるようだし。。。

私が井戸掘りしなきゃならない訳ではないし。。。

と、反対しなかった。

まあ、結果的には、引っ越しの後半がかなりハードな日々になったけれどね…(笑)

「有言実行で行動力がある」

と、   「頑固で言い出したら聞かない」

同じコインの裏表だ。

「有言実行なのは素晴らしいけれど、言い出したら聞かないのは困る」

「意志が強いのは長所だけど、頑固なのは短所なんだよね」

なんて、無理だ。

貴女が、彼の性格に不満があるのなら、

その「同じコインの反対側」から恩恵を受けていないか?

「コインの反対側」を愛してはいないか?

ちょっと立ち止まって考えてみてほしい。

「優柔不断で、決断力がない人」

なら、

「周囲のことをあれこれ気遣い、自分を後回しにする優しさがある人」

なのかもしれない。

「口ばかりでなかなか行動しない人」

なら、

「とても思慮深く、じっくり考えてから行動する人」

なのかもしれない。

「自分の意見を言わない人」

なら

「あなたの意見にまず耳を傾ける人」   なのかもしれない。

コインの表はそのままで、裏だけなくす訳にはいかないのだ。

「人を愛すること」

は、コインの裏表、両方込みで相手を丸ごと受け入れることだと思う。

私は彼の行動力には、もちろん尊敬している。

そして、同時に彼が突然言い出す突拍子のないことや、 頑固に意地になってやり抜くところを、なんだか可愛いな、

と感じる。

彼はよく、仕事でも私生活でも

「清濁併せ飲む度量が大切」   という。

私の「濁」=「コインの裏」

も、丸ごとたくさんたくさん併せ飲んでくれているのだろう。

「彼のココがねー」

と口に出す前に

「コインの裏表」を「清濁併せ飲む覚悟」が自分にあるか?

自分と対話してみてほしい。

コインの良い面だけをみる関係より、

コインの裏表、丸ごと愛する方がずっと楽ちんだ。

そして楽しく幸せになる近道だ。

ブログに書けないプライベートや、 読書さま限定の内容満載

メルマガのご登録はコチラ!    凛のベストパートナーレター

 

あなたの1クリックが嬉しいです。

応援ありがとうございます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村
恋愛観・結婚観 ブログランキングへ ameblo.jp